読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンジョンの突破法

ちょっとだけ遊戯王が面白くなるようなブログ。

第8期の環境デッキ「ゴッドジョウゲンシステム」がEM竜剣士にぶっ刺さるらしいぞ

ゴッドジョウゲンシステムとは 本来「魔導書の神判」から展開しきった後に、最後にジョウゲンをリクルートし、それをひたすら守り続ける事で、自分だけ優勢な状況に立てる。というデッキでした。
f:id:tellark:20160307212432j:image

f:id:tellark:20160307212444j:image
ですが、「魔導書の神判」が禁止入りする事でこのデッキは長い間消滅していましたね。



ところが最近、新たにこのようなデッキが、EM竜剣士を狩るデッキとして注目を浴びています。

そのキーパーツがこちら。「月鏡の盾」

f:id:tellark:20160307212751j:image

f:id:tellark:20160307212758j:image

ジョウゲンやパキケファロなどの特殊召喚を封じるモンスターは、戦闘破壊されてメインフェイズ2で動かれるのがオチです。

月鏡の盾は、それを補えるので、EM竜剣士などの特殊召喚デッキには物凄い刺さりますね。


リリーサーを儀式召喚に混ぜて、サフィラでオネストを毎ターン繰り返すギミックが最近入賞していたのですが、それをとても簡単に出来る訳です。

f:id:tellark:20160307212831j:image
f:id:tellark:20160307213031j:image
f:id:tellark:20160307213042j:image


EM竜剣士の伏せを除去する手段は「ダイヤウルフ」や「イグニスターP」などの特殊召喚モンスターです。
f:id:tellark:20160307213116j:image

f:id:tellark:20160307214025j:image
それらを封じきっているので、「ミラーフォース」や「次元幽閉」などの攻撃反応カードを心置きなく使えますね。更に戦闘に強くなれます。
f:id:tellark:20160307213707j:image

f:id:tellark:20160307213718j:image
更にこれらのカードをサーチする手段として、「強欲で謙虚な壺」が採用されています。

f:id:tellark:20160307214156j:image

儀式召喚とは違い、自分は特殊召喚を一切行わないので、とても優秀なカードに化けますね。


他にも「虚無魔人」などの上級モンスターを採用し、「帝王の烈旋」を使うことにより、攻撃してこないドクロバットジョーカーなどを、一方的に除去できます。これで月鏡の盾がない状況下に戦闘で除去出来ない デメリットも無くなります。

f:id:tellark:20160307214256j:image

f:id:tellark:20160307214303j:image

ミラフォ伏せたのを察されて、相手が攻撃して来る事を辞めて、試合が停滞して、お互いブラックホール待ち なんてこともないですね(棒読み)


最近登場した「ゲンドウ」も相性がいいかも。

f:id:tellark:20160307213657j:image

安くて強いメタビート。友達がEM竜剣士を使って天狗になっていたら、このデッキを使って吹き飛ばす事をお勧めします。