ダンジョンの突破法

ちょっとだけ遊戯王が面白くなるようなブログ。

安く作れて強いデッキの中でもあまり知られていないものをまとめてみた。

その① X-セイバー
X-セイバーはとっても安いのに展開力はかなりあります。無限ループに持ち込む事によって、相手の手札をすべて捨てる事(ハンデス)が出来ます。

ガトムズの緊急指令やX-セイバーフラムナイトなどとても優秀なカードも多いです。

f:id:tellark:20160212121205j:plain
f:id:tellark:20160212121214j:plain
f:id:tellark:20160212121220j:plain

その② 暗黒界
暗黒界はハンデスに強いデッキです。前述のXセイバーのハンデスなどにはめっぽう強く、出張セットとしても優秀。

色々なカードが再録され、とても安く作れるようになりました。

f:id:tellark:20160212121401j:plain
f:id:tellark:20160212121417j:plain
f:id:tellark:20160212121424j:plain


その③ ライトロード
ライトロードは墓地を肥やしまくるデッキです。シャドールなどと組み合わせたらとても面白いデッキになります。墓地を肥やす事を利点に、ゾンビキャリア、ジェットシンクロン、ボルトヘッジホッグ、グローアップバルブなどを入れると、さらに面白く動いてくれます。

ライトロードアサシンライデンが再録され、安く作れるようになりました。

f:id:tellark:20160212121939j:plain
f:id:tellark:20160212121948j:plain
f:id:tellark:20160212121959j:plain


その④ デジタルバグ
デジタルバグは9期に生まれたデッキなので、型にはまった時の展開力は彼岸並です。徐々にレベルアップして行く感じがとても面白くちゃんとした切り札も存在し、その切り札であるライノセバスは本当にとても強いです。

f:id:tellark:20160212122404j:plain
f:id:tellark:20160212122412j:plain
f:id:tellark:20160212122420j:plain
f:id:tellark:20160212122426j:plain
f:id:tellark:20160212122433j:plain


その⑤ インフェルニティ
インフェルニティの展開力はどんなデッキよりも群を抜いて強いです。手札0枚という不利な状況であればあるほど展開力が上昇し、ターン1制限の付いていないインフェルニティデーモンを筆頭にぐるぐるぐるぐるし続けるデッキです。

とても高価だったヘルウェイパトロールが5年の月日を経て再録され、安くなったのでおすすめです。

f:id:tellark:20160212122620j:plain
f:id:tellark:20160212122645j:plain
f:id:tellark:20160212122657j:plain
f:id:tellark:20160212122704j:plain

その⑥ セイクリッド
星因士の生まれ変わる前の姿です。
今でも強くアーティファクトとの組み合わせで時々入賞をしてきます。

序盤はグレディやポルクスなどを使い、カウストを展開しプレアデスを降臨させ続け、終盤になってくるとソンブレスなどを使い、ヒアデスやビーハイブなどで攻撃し、それに重ねる形でトレミスを作り、後続をひたすら失わずに展開し続けることが可能です。

f:id:tellark:20160213003757j:plain
f:id:tellark:20160213003810j:plain
f:id:tellark:20160213003832j:plain
f:id:tellark:20160213004022j:plain
f:id:tellark:20160213004029j:plain

その⑦ ヴェルズ
ヴェルズは最強のファンデッキ殺しかつ、1番メタりにくいデッキだと思います。
反発感染とオピオンのコンボによりオピオンを守りながら相手の行動を封じ、バハムートやウロボロスなどを使い攻撃、モンスターが裏守備になると自壊効果により彼岸は全滅してしまうので、ナイトメアの制圧力も見直されてきました。

色々な効果により、弱点をのらりくらりと交わすので、対策が物凄いめんどくさいデッキです。

ヴェルズビュートも再録されましたね。特にこれといった恩恵はなさそうですけど。

f:id:tellark:20160213004048j:plain
f:id:tellark:20160213004055j:plain

どうだったでしょうか?
今回はここまでにしておきます。
また次書きたくなったら続編を書くかも知れません(:3_ヽ)_