読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンジョンの突破法

ちょっとだけ遊戯王が面白くなるようなブログ。

自分のデッキに変化が欲しい時に考えてほしい3つの事。

遊戯王のデッキを作っていると、そのうちデッキに飽きてしまうんですよね。



そんな時にお勧めする3つの方法をご紹介します。



その1 とりあえずアーティファクトと混ぜる!

f:id:tellark:20160205012118j:plain


アーティファクトシナジーがあろうと無かろうと、ちょっと混ぜるだけで面白い動きをしてくれます。


アーティファクトの出張セットとしては


モラルタ×1
ベガルタ×1
デスサイズ×2
神智×3
ムーブメント×3


の10枚セットがおすすめです。

手札のアーティファクトモンスターもセットできるため手札を0枚にしやすいです。

本来はデメリットですが、バブルマンを入れるHEROや手札0枚で展開出来るインフェルニティなどはシナジーがありますね。

f:id:tellark:20160205012132j:plain
f:id:tellark:20160205012141j:plain



その2 シナジーに合う面白いギミックを入れていく。

まず、シナジーについてわかりやすく説明します。


シナジーとは相性の事です。例えば[クラウンブレード]なんてのは相性の良さから作られたデッキですし[EMEm]だってペンマジとヒグルミの相性の良さが環境をおかしくしたんです。

f:id:tellark:20160205012153j:plain
f:id:tellark:20160205012200j:plain
f:id:tellark:20160205012209j:plain
f:id:tellark:20160205012222j:plain

相性ってどうやって見つけるの?


これについての答えは簡単です。カードをパズルのように組み立てることです。


例えば 「リリースして発動する」カードがあったとします。それに対して「フィールド上のカードがリリースされた場合に発動する」カードは相性がいいですよね?


そんな感じです。なんだっていいんです。


まずは色々なカードを知ること。環境によっては、物凄く強いデッキを自分で組めたりします。






その3 好きなデッキを出張させてみる!

これは正直、簡単なように見えるけど難しかったりします。

例えば 自分がグレイドル使いで彼岸デッキに負けたとしましょう。

f:id:tellark:20160205012254j:plain

彼岸強いから彼岸入れる!となってもグレイドルと彼岸ではシナジーがよくありません。


相手モンスターを奪い取って自分フィールド上で戦わせるグレイドルは、彼岸にとってはただの邪魔でしかありません。彼岸の固有効果により自壊してしまう為です。

f:id:tellark:20160205012239j:plain
f:id:tellark:20160205012350j:plain

このように相性が悪い所を避けつつ、デッキを作りましょう。


面白いデッキの入賞。待ってますよ。